クイズdeメンテ2008年10月

これは2008年9月の問題について力率を求める問題である。

二電力計法のW1=100W、W2=50Wであった。

二次側の有効電力はP2=100+50=150Wである。

二次側の無効電力はQ2=sqrt(3)*(W1-W2)
=sqrt(3)(100-50)=50sqrt(3)Varである。

よって、力率はP2/sqrt(P2^2+Q2^2)≒0.866

 VT・CT比による一次側への換算係数は、力率の分母分子で相殺するのでここでは必要ない。

f:id:Ryo9508:20180901164223j:plain

クイズdeメンテ2008年9月

2電力計法による電力値の読み方の問題。

CT・VT2次側の電力値P2=W1+W2である。

W1は、電圧240V/電流5Aでフルスケール240Wとなるに対して50/120を指示しているので100W。

W2は、電圧120V/電流5Aでフルスケール120Wとなるのに対して50/120を指示しているので50W。

よって、P2=150W。

CT・VT比で割り戻した1次側電力値は
P1=(6600/110)*(30/5)*150=54,000W=54kW。

f:id:Ryo9508:20180623040825j:plain

クイズdeメンテ2008年7月

 スポットネットワーク受電方式は勉強したことが無いので、以下の資料を読んで勉強した。

電験技術士突破のための最新重要テーマ精選/オーム社

OHM8月別冊 電験一・二種二次試験突破テキスト/オーム社

(中の記事内容は全く同じ)

 

ということで、誤りは(5)。

無電圧投入機能は、全ての配電線が停止した後に送電されてきた際に、(2次)NW母線に電圧が無い状態でNW変圧器が充電された場合にProCBが自動投入される機能。

f:id:Ryo9508:20180623040627j:plain

 

クイズdeメンテ2008年6月

(a)Mg3を閉じると三相短絡するのでMg2と同時に閉じてはいけない

(b)Mg3とMg1を閉じるとY型回路になる

(c)Mg2とMg1を閉じるとΔ型回路になる

以上のことより、電動機巻線をY型として(一つの巻線が)低い電圧で起動し、Mg2とMg3を同時に閉じず、一定時間後に巻線をΔ型にするには、(5)とするべき。

f:id:Ryo9508:20180616192149j:plain

クイズdeメンテ2008年5月

 

(1)○:電気設備技術基準第23条の適用により

(2)○:電気設備技術基準第14条の適用により

(3)○:電気設備技術基準第14条の適用により

(4)×:負荷分担曲線をはみ出すので

(5)○:負荷分担曲線のちょうど上なので 

f:id:Ryo9508:20180611114935j:plain

 

クイズdeメンテ2008年4月

自家発電に関する正誤問題。

【考えた答え】

※発電機の43AVQRは手動(母線V制御もQ制御もしていない)と仮定

(1):○

→発電機励磁電流を増加させると、同期インピーダンス背後電圧が上がる→同期インピーダンスを流れる遅れ電流が増える→遅れ無効電力の供給が増える→受電方向からみると進み力率となる。

(2):○

→途中までは(1)と同じ→励磁電流を増やす前の受電電流は力率0であったから、受電電流は増える。

(3):○

→(1)とは逆に受電方向から見ると遅れ力率へ向かう→系統から遅れ無効電力を工場内負荷へ供給し始めることとなり、受電電流は増える。

(4):×

43AVQR手動を仮定しているので、発電機の片方の励磁電流を変化させても、もう片方の励磁電流は変化しない。

(5):○

43AVQR手動を仮定しているので、発電機自身の励磁電流を変化させなければ発電機力率は変化しない。しわ取りは系統電力によって行われる。

f:id:Ryo9508:20180604042738j:plain

【解答を見てみる】

正解であった。

解説はAVQRのことを書いてなかったが、自家発電にはAVQR無いのだろうか。